>TOPへ


  一般的な看板に多く用いられる刻法で、文字面を
かまぼこ状に丸く削り ふっくらとした仕上りとなります。

 

凹刻での刻法、ノミによって文字を彫り下げ
底部をさらい塗料を塗り込んで仕上げます。


 

字線の中央を山形に高く鋭角的に仕上げる刻法で
鋭い線が特徴です。


  文字の輪郭に添ってスジ状に浅く彫り込みます。

  字画を薬研の形の様にV字形に彫る方法で
大きな文字には適しません。
主に落款や小文字に使用します。

  浮かし彫りとも言われ、まわりを荒く彫り下げ
文字を浮き出す刻法です。


>TOPへ